HOME>特集>予期しないアクシデントで失った情報を救済

目次

専門家による作業

パソコンやハードディスクはいつアクシデントが発生するかわからないので、常にバックアップを取っておかなければなりません。しかし頻繁には予備を用意するのは難しく、バックアップに使用している媒体そのものが壊れる怖れもあります。そしてそんな予期しない情報の損失をカバーできる可能性を持っているのが、専門家によるデータ復旧です。素人が行なえるデータ復旧のための作業は、ソフトの導入による浚い出し浚い出し程度が限界です。それでも復旧できることもありますが、もし不可能な場合はサービスの利用を検討してみると良いでしょう。

特殊な技術や設備を使用

ハードディスクが破損してデータを読み取れない場合は、ソフト部分が壊れている以外に、ハードが物理的に破損していることが考えられます。そうなるとアクセス自体ができませんが、データ復旧サービスであれば特殊な機械を用いることで、必要な情報を救済します。中には媒体を分解して、記録されている部分から直接読み取れるような技術を持っているところもあります。そのため復旧が成功する確率が非常に高く、技術力を強みにしていると、失敗した場合の料金を求めないところもあります。

広告募集中