対応する記憶媒体はきちんと確認しよう

パソコン修理

現代では、ビジネスで使う重要な書類は、紙に印刷する前にパソコン上で作っているはずです。もしかすると、紙に印刷することなく、パソコンの中に保存したまま、ビジネスに利用している場合もあるでしょう。その重要なことがたくさん記載された書類を、間違って消してしまったのなら、新たに作り直さなければいけません。しかし、書類を作るために必要なデータもすべて消えてしまったのなら、新たに作り直すことは難しいかもしれません。もしも、そのような事態になったのなら、データ復旧サービスに連絡をして、書類を取りだしてもらいましょう。HDDやSSDはもちろん、USBメモリにも対応しているので、あらゆるデジタルの記憶媒体から書類を復旧してくれます。ただし、データ復旧サービスによって対応記憶媒体は異なるので、きちんとチェックしてから仕事を依頼すると、スムーズに書類を取り戻せます。

復旧率と口コミをチェックしよう

パソコン修理

初めてデータ復旧サービスを利用するのなら、どの程度の確率で取り戻せるのか確認しましょう。そこで必要になるのが、公式サイトが発表する復旧率と、実際に利用した方の口コミ情報です。公式サイトには、復旧率がパーセンテージで分かりやすく発表されているため、まずは目を通してみましょう。いくつか目を通し、比較をすれば、高確率でデータ復旧をしてくれるサービスを見つけだせます。そのあとは、見つけたところの名前をインターネットで検索して、評判のよさを確認することが大切になります。データ復旧サービスによっては、取り戻すのが難しい記憶媒体の依頼を断ることで、復旧率を上げているところもあるため、口コミ情報のチェックが重要なのです。口コミ情報を読んで、多くの方が断られることなく、データ復旧してもらえたサービスを探しだしましょう。なお、公式サイトに記載されている料金は、一番安い場合の金額となっているケースが多いです。記憶媒体の状況によって、そこからいろいろなオプションが必要となるので、高くなると考えたほうがよいです。もちろん、見積もりが用意されているため、金額を知ってから、データ復旧をお願いすることができます。ただし、簡易的なものではなく、詳しい見積もりには記憶媒体を渡す必要があるので、パソコンからパーツを取りださなければいけません。やり方が分からないのなら、サービスを提供してくれるところに聞いて、取り外し方を指導してもらいましょう。

広告募集中